イギリス、シェフィールドのSimon(bass), Paul(guitar, piano), Rob(drums),Joe (guitar)からなるボーカル不在の4人編成。
心地良いブレイクビーツに美しいピアノの旋律のもつ情感と、激しく荒々しくリズムを刻むドラムと轟音を奏でるギターが一体となり、分厚い音の壁となって 迫ってくるような、これまでに無い斬新なサウンドが、ロックの新しいシーンを作り出すほどの大きな反響となり、日本では2006年に[SUMMER SONIC]に出演。「SXSW」への出演や、「THE CURE」のツアーに同行するなど、世界各地の人々が彼らの音楽を知るところとなっている。2009年も再び[SUMMER SONIC]に出演し多くのオーディエンスからベストアクトとして挙げられる。そして2010年、新たなる方向性を追求した結果、以前のサウンドを遥かに 凌駕する重みと切れ味の増した圧倒的サウンドを獲得し、65daysofstaticは新たなフェイズに突入した。

DISCOGRAPHY